コンテンツへスキップ

割とお金になった遺品の片付け

遺品整理というのをしたことがあるのですがこれは業者に任せることと自分でやることというのは分けて考えられるのがわかりました。とりあえず売ればお金になりそうなものということを専門的に見てくれるところにお願いしました。貴金属がそこそこあり、それはそのまま売るということにして、ついでお金にならないような衣服は普通ゴミとして捨てるようにしました。布切れにすることによってそれができるようになっていましたから多少手間ではありましたがそうして捨てることにしました。タンスなどはすでに使うようなものでもなくなっていましたしこれは粗大ゴミとして捨ているということにしました。当たり前ではあるのですが遺品分けをしたいという人がいれば差し上げる予定ではあったのですが特に現れることもありませんでしたので、そのまま捨てることができたわけです。手間はかかりましたが、お金もそんなにかかるわけではありませんでしたし、むしろプラスになったぐらいです。