コンテンツへスキップ

粗大ごみを出さないためには、買わないこと

家電リサイクル法によって、粗大ごみとして簡単に捨てられない電化製品が多いので、家庭から出る粗大ごみの種類で一番多いのは家具、もしくは布団などの寝具ではないかと思います。ここ数年我が家から出た粗大ごみを思い出しても、レンジ台、小型のキャビネット、椅子、小机、敷布団といったところです。20年以上も使ったレンジ台と古布団はともかく、家具はそれほど使用感はなく、何だかもったいないとも思う反面、もらってくれる人はいそうもない旧式のものでもあったので、迷いながらも捨て、捨てた後はホッともしました。レンジ台は食器棚兼用のタイプのものに買い替えたわけですが、他の家具は捨てただけで補充はなし。もともとなくてもよかった家具だったのです。部屋が広くなって、気分的にはすっきりしました。最近のマンションはクローゼットや棚が最初から付いていて、家具は極力なくてもいいようになっています。家具屋さんにしてみれば困ったものでしょうけれど、家具を買う時はよくよく考えてからにした方がいい。粗大ごみは捨てるのにもお金がかかるるわけですし。買わないことがエコであり、ごみを出さない一番の方法だとあらためて思います。