コンテンツへスキップ

近隣の清掃活動について

"企業として近隣の住民と連携して生活していくために清掃活動を行うのが一般的です。特に工場など大型の摂理を構える場合には様々な連携が必要になるものです。私も月に1度ギンギンの清掃活動を行っています。もちろん残業時間等もつかないボランティア活動になります。

多くの社員がこうした清掃活動に積極的に参加しています。企業で清掃に関する様々な道具を取り揃え、就業時間の前に約30分月1度の清掃活動を行っています。近隣の企業も同じように月に1度の清掃活動を行っていますので金利が非常にきれいに保たれています。こうした自浄活動と言うものが継続的に行われるのは非常に地域にとっても良いことだと思います。

今ではこうした清掃活動が近隣の企業間の交流の場としても使われるようになりました。こうしたところから新たなビジネスが生まれる可能性もあり、単なる清掃活動に留まらないのは非常に好ましいことだと認識しています。

もちろん、これからも継続されるものだと思います。